精神性発汗の顔汗対策で最適な制汗剤は何?

精神性発汗で顔からダラダラ汗

精神性発汗による顔汗の対策が気になっていますか?

 

暑くない時でも顔や頭から吹き出すベタベタ汗、困りますよね。

 

私は冬でも大汗かくことがあって、人から変な目で見られていました。

 

これは温熱性発汗(暑い時にかく汗)じゃなくて、精神性発汗(緊張汗)と言います。

 

そんなに緊張していなくても、ストレスとか自律神経の乱れが原因で顔汗がすぐに出てしまうんですね。

 

特に人と話をしている時に顔汗が吹き出すと「落ち着きがない」「都合の悪いことを誤魔化そうとしてる?」なんて思われかねません。

 

精神性発汗は臭いさらに精神性発汗でかく汗には、タンパク質やミネラル分などが含まれているので、不快な臭いの元にもなります。

 

何とかこの精神性発汗を止めたくて、顔汗に使える制汗剤を探していました。

 

でもほとんどの制汗剤は、脇の下など顔以外の場所に使うように作られています。

 

実際に市販の制汗スプレーや制汗クリームは、顔に使うと不都合なことがありました。

 

顔の精神性発汗用に買った制汗スプレーでも色々試してやっと見つけました、顔用の制汗スプレー

 

『トリムクール』という制汗スプレーですが、「顔用」というのに惹かれて買ってみました。

 

実際の使用感ですが、顔用に作られているだけあって、肌のベタつきや目鼻への刺激もなくていいですね。

 

長時間効果が持続するので1日1・2回プシュっとするだけなので使うのも簡単です。

 

しかもその効果は、その場しのぎ対策だけではなく、使い続けているうちに汗をかきにくい状態に体質改善するというものでした。

 

 

精神性発汗(顔汗対策)の現状について

精神性発汗のやっかいなところは、気温や季節に関係なく年中対策が必要という事です。

 

それに汗が吹き出すのは「人と接する大事な場面」だったりするので本当に困るんですよね。

 

私が顔汗を何とか対策したいと思って、今までに調べたり試したりした顔汗対策について、メリットとデメリットを上げておきます。

 

ボトックス注射による治療

顔汗や脇汗には病院で行う「ボトックス注射」という治療法がありますが、実際にやるには敷居が高いと感じたので、調べただけで試してはいません。

ボトックス注射治療【メリット】
  • 即効性がある(数日で効果が現れる)

 

【デメリット】

  • 効果は施術から3~4ヶ月しか持続しない(数か月ごとの繰り返し施術が必要)
  • 費用が高い(1回5万円〜10万円程度が相場らしい)
  • 注射なので痛い(痛いのは嫌いです)
  • 副作用のリスクがある(表情筋のマヒで顔つきが変わってしまう)

 

制汗クリーム・直塗りスティック

手で塗りこむクリームや、先にコロコロが付いたスティックで直接塗るタイプの制汗剤です。

制汗クリーム【メリット】

  • 比較的長時間もつ(塗るのは1日2〜3回程度)

 

【デメリット】

  • ベタつきやテカリが出る(顔に塗ると気持ち悪かったです)
  • 顔には塗りにくい
  • 汗腺や毛穴を塞ぐので、多用しすぎると別の皮膚トラブルの恐れがある

 

制汗シート

汗拭きシート【メリット】

  • 安くて手軽

 

【デメリット】

  • 制汗作用はほとんど期待できない
  • その場しのぎでしかない(汗を拭きとって、その直後に清涼感があるだけ)

 

制汗スプレー

ほとんどが脇の下への使用を想定しているせいか、顔には使いにくかったです。

制汗スプレー【メリット】

  • 顔にスプレーするだけなので簡単
  • ベタつき感やテカリがない

【デメリット】

  • 効果が長続きしない
  • 目に沁みたり匂いがきつすぎたりする
  • パウダーインのスプレーは吹きすぎると顔や髪が白く粉を吹く

「トリムクール」は普通の制汗スプレーと違って、顔に使った時デメリットは感じられませんでした。

 

やっぱり顔には顔用の制汗スプレーですね。

 

 

トリムクール開封レビュー

2019年11月下旬、ネットで注文していた「トリムクール」が届きました。

 

制汗スプレー開封写真1
意外と大きな箱で届いたのですが、さっそく開けてみました。

 

制汗スプレー開封写真
箱の中にはスプレー1本の他に、注意書きや愛用者体験レポート等が入っています。

 

説明書きによれば、大切なのは毎日使い続けることで、続ける事で体質的にも汗が出にくい状態になるようです。

 

体質的に汗が出にくくなるという効果は、早い人で1週間で実感できて、さらに3〜4ヶ月使い続ける事で、より確かな体質改善を実感できるとの事。

 

制汗スプレー成分表記
[医薬部外品]になっているのは、その場しのぎの汗止めではなくて、汗をかきにくい状態に体質改善する効果があるからなんですね。

 

さっそく顔にスプレーしてみましたが、ほぼ無臭で刺激もなく、ベタベタした感じも全くありません。

 

愛用者体験レポートによると、スプレーした後に手でなじませるといいと書いてあったのでやってみました。

 

「本当にたったこれだけで精神性発汗の顔汗が抑えられるの?」というのが正直な感想ですね。

 

実際にスプレーしてから1日過ごしてみた感じでは、顔汗が完全に止まる事はありませんね。

 

ただ顔汗がドッと吹き出すようなことはなく、じんわりした汗になったような気はしました

 

 

 

トリムクールを安く購入する方法

「トリムクール」はコンビニやドラッグストアで売っているような普通の制汗スプレーに比べると高価ですね。

 

定価は1本で税別7,500円もします。

 

ドラッグストアでは売っていないので、ネットで一番安く買えるところを探しました。

 

すると公式サイトの定期購入だとかなり安く買える事が分かったので、定期コースで購入しています。

 

1本目は980円(税別・送料無料)、2本目からも40%OFFの4,500円(税別・送料無料)、回数が進めば最終的には1本3,900円(税別・送料無料)で買えるようになります。

 

返金保証は使える?

「トリムクール」は公式サイトから買えば全額返金保証がついています。

 

ただ返金保証と言いながら厳しい条件を付けて実質使えない制度にしている業者も中にはいるので、一応「特定商取引法に基づく表示」などを見て調べてみました。

トリムクール90日間全額返金保証制度語の利用条件(抜粋)
  • 初回注文日より90日以内にサポートセンターに連絡が必要。
  • 各家庭一回限りで初回ご注文(初回分980円:税抜)に限る。
  • 定期コースで2回目(2個目)以降の商品を開封している場合はご利用不可。
  • 返金保証制度を一度ご利用になったお客様は、以後同商品が購入不可。
  • 返送送料・振込手数料はお客様負担。
  • 必要なものは初回分の「明細書」「商品容器」「商品箱」の3点

注意しないといけないのは、90日間は連絡期限であって返金の対象期間ではないという点です。

 

返金対象はあくまで初回1本目の980円だけなので、1本目を使い切ったら2本目が届いていても開封せずに返金申し込みをしないといけません。

 

肌に合うか合わないかは、1本使えば分かると思うので、そういう意味では使える制度ではありますね。

 

ただこれを「90日間全額返金保証」というのは、ちょっと誤解を招くのではないかなと思いました。

 

とはいえ「トリムクール」無添加・低刺激性なので、肌に合わないという心配はあまりしなくていいでしょう。

 

 

精神性発汗は抑えられる(2020年2月追記)

入っていた説明書に書いてあった通り、あれから毎日使っています。

 

仕事のない休日でも毎日使って、3本目が残り半分ぐらいになっています。

 

朝起きてから顔を洗った後に「プシュ・プシュ」っとスプレーするだけなので、全然面倒くさくないですね。

 

使い始めた頃は「心なしか汗が少なくなったような気がするけど、気のせいかも?」ぐらいの感じでした。

 

顔汗をかかずに仕事中しかし2ヶ月ちょっと使い続けた今は、緊張するヤバイ場面でも汗ダラダラになる事はほぼなくなりました。

 

もちろん全く汗をかかないという訳ではありませんが、じんわり汗がにじんでもいつの間にか引いているという程度です。

 

汗をかいている自分に焦ってさらに汗が吹き出すという、精神性発汗の悪循環は起こらなくなりました。

 

これが「トリムクール」の体質改善効果なのか、精神性発汗が抑えられているという心の余裕のせいなのかは分かりません。

 

説明書きでは「4ヶ月を目安にお使いください」とあったので、このまま続けてみようと思います。